プロミスのキャッシングってどうなの?借りた俺が教えます!

プロミスのキャッシングってどうなんだろう?
と思っていませんか?
初めての場合なら、なおさら気になりますよね。

 

私は現在31歳の、営業をしているごく普通の会社員です。
結婚4年目で、家族構成は私と妻とまだ小さい子供が1人の計3人家族です。
妻は専業主婦なので、家族の収入は私の給料のみとなっております。
ちなみに年収は税込530万円です。

 

一見お金に困ってはいないような私も、
実はプロミスのキャッシングのお世話になったことがあります。

 

初めてプロミスでキャッシングをしたのは、結婚1年目の頃です。
キャッシングをした理由はパチンコです。
昔はパチンコはしてなかったのですが、結婚前に友人とパチンコに行ったのが始まりです。

 

 

もともと負けず嫌いの私は、負けても勝つまで何回も挑戦するような性格です。
結婚前に行ったパチンコで負けてしまい
、私の中に負けず嫌いの火がついてしまいました。

 

結婚前で多少の貯金はあったので、
パチンコで負けても負けてもお金をつぎ込んでしまう、
そんな生活を送っておりました。

 

 

結婚してからもパチンコから抜け出せずにいました。
結婚してからは月3万円の小遣い制でしたので、
あまりパチンコを打つ余裕もありません。

 

しかし、小遣いがなくなっても、
「パチンコを打ちたい」という欲求が私の中で止まりませんでした。
もうこの時は、負けず嫌いがどうとかではなく、
純粋にパチンコが打ちたいと思うようになっていました。

 

そこで小遣いを使い果たしが私が考え付いたのが、
クレジットカードのキャッシングです。
キャッシング枠が20万円ぐらいありましたが、
すぐに使い果たしてしまいました。

 

とりあえずこのキャッシング分を返済しなくてはならない、
そこで考えついたのが消費者金融からお金を借りるという事でした。

 

プロミスでの契約までの流れは、とても簡単でスピーディーでした。
申込から仮審査まではスマートフォンで終わらせて、
いざ本審査と契約は、消費者金融の無人ATMで書類を見せるだけでした。

 

たったこれだけの作業で私は、
100万円まで借りられるカードを手にしてしまったのです。

 

とりあえずキャッシングした20万円は返済しないと妻にバレてしまうので、
早目に振り込みで返済しました。

 

残り80万円借りれます。
早速数万円借入をした私は。足早にパチンコ屋へと向かいました。
そこで負けたり勝ったりを繰り返し、
負ければまた消費者金融からのキャッシング、
またキャッシングといった風に次から次へとお金を借りておりました。

 

キャッシングをしている時は、
まるで自分の預金通帳からお金を下ろしているような感覚でした。
借金をしているといった意識は全くなかったと思います。

 

毎月返済があるので、お金がない時は
またキャッシングをして返済するという、
全く返済した事になっていない、無意味な事もしておりました。

 

そうしているうちにあっという間に、
借入限度額の100万円になってしまいました。

 

 

そこで考えついたのが、増額申請です。
すぐに増額してくれて、さらに20万円ほど借りられるようになりました。

 

もちろん増額しても、同じ事の繰り返しです。
パチンコで負け、キャッシング、すぐに借入限度額になりました。

 

もうこの消費者金融で借りられないと思った私は、2社目の消費者金融に申し込みをしておりました。
新規で50万円まで借りれる事になりました。
またそのカードもすぐに限度額に達し、次は3社目で20万円の借入です。

 

あっという間に私の借入総額は200万円近くになりました。
最初の1年間ぐらいは毎月返済して、
お金がない時は借りて返すといった事を繰り返していました。
しかし、ついに全てのカードが限度額に達してしまいました。

 

他にお金を借りるところがなくなった私は、
情けない話ですが母親に相談して借金を立て替えてもらい全額返済しました。

 

妻にこの話をしたのは、親に立て替えてもらい返済したあとです。
妻の親もこれには激怒です。
とにかく今は私の親に月々3万円ずつ返済しております。
小遣いも3万円から2万円に減額です。

 

 

これから借入を行う方がいらっしゃれば、
1つアドバイスをさせていただきたいと思います。
借入限度額100万円のカードがあっても、それは全て借金です。

 

決して自分のお金ではありません。
返済しなければならないのです。
借入をするのが悪いとは思っていません。

 

急な出費への即座の対応、どんな理由でも借りられる、
というのは本当に便利です。

 

この利点を生かすためにも、借りる前に必ず返済シュミレーションをしましょう。
最初の無利息期間を活かして借りれば、こんなに便利なものはありません。

 

よく聞く言葉だと思いますが「ご利用は計画的に」その一言に尽きると思います。

更新履歴